メンズ

糖尿病食の宅配で健康体を目指せ|甘えを排除せよ

尿酸値を食べ物で改善する

和食

アンセリンに注目する

痛風とは、本来尿として排出されるはずの尿酸が、体内で過剰となって結晶化し、関節内に溜まることで痛みを引き起こす病気のことです。そして、尿酸の正体はプリン体と呼ばれる核酸の老廃物です。つまり、プリン体が増加すると尿酸値が上がり、痛風を悪化させることになります。言い換えれば、痛風を改善するためには、体内のプリン体や尿酸を分解する成分を含んだ食事を摂れば良い、ということです。そのなかでも、アンセリンという成分は、尿酸値降下作用がもっとも高く、カツオやマグロなどの回遊魚に多く含まれています。ただし、アンセリン摂取のため食べる量を増やすのは、かえって逆効果なため、最近では食事のバランスに気を配りつつ、アンセリンを精製した錠剤を服用するという方法が人気です。

尿酸の溜まりにくい体に

痛風の改善として、アンセリンを含む食べ物を摂取することを上げましたが、たんに尿酸やプリン体を分解するだけでは、根本的な改善にはなりません。まず、分解したものは、体外に排出する必要があります。また、食事をしてもあらたなプリン体が生成されないように気をつけることも重要です。分解したプリン体を体外に排出しやすくするためには、尿をアルカリ化する食べ物を摂るようにします。ひじきや昆布などの海藻類や、ごぼうやにんじんなどの根菜類を使った食事が効果的です。あらたなプリン体が体内に生成されるのを防ぐのに、食べ物のプリン体の含有量はあまり重要ではなく、あくまで適量以上に食べないようにすることが肝心です。アルコールは尿酸値を上げる飲み物ですが、必要以上に飲まなければ通風のリスクも回避できます。